赤ちゃんの肛門裂の原因は?

 

赤ちゃんによって個人差がありますが、母乳やミルクの液体だけの食生活から離乳食が加わることで便が固くなってしまう子も少なくありません。
便が固くなってしまうと一度に出すことができずにどんどんたまってしまうことで便秘状態になってしまいます。

 

便秘で校門付近に便がたくさん詰まっている状態で無理にいきんでしまうと、便が固すぎることで校門の皮膚を傷つけて肛門裂、いわゆる切れ痔になってしまうのです。

 

切れ痔になってしまうと排便の際に痛みが生じるようになりますので赤ちゃんはそれを嫌がってますますうんちをしなくなるようになり、そして体内でますますうんちが固くなって便秘が進み、悪循環へと陥ることが考えられます。
切れ痔になってしまった場合には、比較的軽度な状態のうちに病院へ行くことをおすすめします。

 

大人でもそうですが、深刻な状態になればなるほど治療が長引いてしまい、その分赤ちゃんも嫌な思いをすることになりますので早めに治療を受けるのが望ましいと言えます。
便秘を普段から対策するにはオリゴ糖(赤ちゃん 便秘 オリゴ糖)や、水分量などで対策するのがおすすめだと言われています。

 

もし、ちょっと切れたくらいだからと放置してしまい雑菌が侵入して肛門周囲腫瘍などになったり校門付近に膿が溜まる病気になってしまう可能性も否めません。
最悪の場合には何度も再発したり切開が必要となることもありますので、ひどくなる前に治してあげるのが良いと言えるでしょう。

 

医療機関に受診すると切れ痔のための軟膏などを処方され、同時に便秘がひどい場合には便秘薬を処方してもらうのも良いでしょう。

 

うんちをした後は洗面器にお湯を張って座浴をしてから校門付近を乾燥させて切れ痔専用の軟膏を塗っていくようにしましょう。
なるべく肛門付近を清潔に保ち、これ以上症状が悪化しないように気を付けて過ごすのが望ましいと言えるでしょう。

切れ痔になった時の対策法とは


便が固くなってしまう原因には、もともと便秘体質であると言うほかに離乳食が始まったことが関係していることがあります。

 

固形のものを食べると固形物が出るというのは当たり前のことと言えますが、大人と違い胃腸もいきむ力もまだ未熟である赤ちゃんは消化も不十分でありいきむ力も足りないために硬い便を出すことができずに便秘となってしまうことが多いとされています。
そのため、切れ痔にならないようにするための対策としては、赤ちゃんの歯茎でもしっかりと細かくできるように食べ物を細かく切って排便しやすいうんちができるように離乳食の段階から考えることが大切です。
また、水分補給をしっかりと行って食物繊維が豊富な野菜中心の離乳食にしてあげると効果的だと言えます。