赤ちゃんの排便時のいきみが痔を作る。その対策とは?

 

 

赤ちゃんのうんちは個人差が大きいです。
母乳の子どもは比較的やわらかいうんちをします。

 

反対にミルクの子どもは硬いうんちになります。
そして離乳食が始まると一気に硬く便秘になるということもあるのですね。

 

赤ちゃんは腹圧が弱いので、一回便秘になってしまうと、自力で出せないこともあるのです。
また出そうと思って排便時に何度もいきんでしまうと、それが痔の原因になるのです。

 

肛門に力が入って、常に痔が出た状態を見張りイボと呼ぶこともあります。

 

便秘が続くと、排便時うんちが硬くて痛いので、赤ちゃんは排便をすることに恐怖心を持つようになります。
そのためにまたうんちを我慢するといった悪循環に。

 

そうならないために対策として出来ることが、お腹のマッサージ、足を大きく動かして腸の動きを活発にする動き、また水分の摂取を多めにとるということなのです。

 

少し心がけるだけで、うんちの出方は変わってきます。
そのために便秘がひどくならないうちに対処しましょう。