赤ちゃんの鮮血が出た場合の痔の対策

 

 

痔は大人に多いイメージがありますが、赤ちゃんにも起こることがあります。

痔は便が出にくくなってしまったときに、無理に出そうとして肛門が切れてしまったりイボができてしまったりする症状です。

 

水分不足になったときや、生活リズムが変わったときなどによく起こるのですが、赤ちゃんの場合は、母乳やミルクの量が足りていなかったり、離乳食が始まったときに、水分量が減ってしまったときに起こることがあります。

 

数日間便が出なければ、便が硬くなってしまいます。
硬くなった便を出すときに肛門が切れてしまって、鮮血がつくことがあります。

 

薬を塗ればすぐによくはなりますが、一度切れてしまったら切れやすくなってしまいますので、繰り返し起こる場合があります。

 

痔の症状を改善するためには、対策を考えることが大切です。
まずは便を柔らかくすることです。

 

水分不足にならないようにまめに水分を補給しましょう。
どうしても良くならない場合は、小児科に相談しましょう。