赤ちゃんが痔になった場合の対策はすぐに皮膚科へ

 

 

赤ちゃんは離乳食が始まるあたりから、便秘が増えてきます。
便秘がひどくなっていくと、固すぎる便が出て肛門が切れる、いわゆる切れ痔の状態になり血が出ることもあります。

 

その状態が続くといぼができてしまいます。
いぼができると赤ちゃんは便をするとき痛がるので我慢してしまい、余計に便秘をするようになり悪循環を起こしてしまいます。

 

そのような状態をさける為には便秘をさせないことです。

 

便秘にさせないようにするには食物繊維をたくさん取り低脂肪の食事をこころがけるようにします。
便秘をするようになったら、離乳食の見直しをすることです。

 

もし、痔になってしまった場合の対策としては、切れ痔の段階で病院に皮膚科に行くことです。

 

いぼになってしまうと治療に時間がかかってしまい、赤ちゃんに苦しい思いを長い間させてしまいます。
皮膚科に行くのが遅くなってひどい状態になると切開して、膿を取り除く必要が出てきてしまうので症状が出た時点で出来るだけ早めに受診します。